営業マンに任せっきりはダメ 住宅ローン審査のコツを知ろう

住宅ローンを借りる時には審査があるので誰でも借りられる訳ではありません。
ほとんど場合、営業マンに言われるがままに書類を書いて住宅ローンの審査を受けることになりますが、営業マンの中には住宅ローンに精通していない人もいるので、その場合には住宅ローンの審査に落ちてしまうこともあります。
せっかく自分がほしい家が見つかっても住宅ローンの審査に落ちてしまったら買えなくなってしまうので、住宅ローンの審査のコツを紹介したいと思います。

 

住宅ローンは人と物件が対象になるので、借入要件を満たしていない人はできるだけ審査に通りやすくなるようにするために審査基準を知っておくといいでしょう。
審査の内容には
・個人の信用情報
・勤務先や勤務年数
・健康状態
・年収(所得金額)
などがあります。

 

『個人の信用情報』
クレジットカードを作ったり借入をするとその情報は個人信用情報として登録されるので、銀行は住宅ローンの申し込みがあるとこの情報を確認します。
その兵法が5年ほど残るため、過去に延滞したことがある人は審査がムスカ市区なるかもしれません。
また借入の額も審査に影響するので他の借入はなるばく完済しておいた方がいいです。

 

『勤務年数・勤務先』
勤務年数は通常3年以上が目安で、勤務先は中小企業勤務の人は大企業勤務の場合と比べると難しくなりますが、収入、借入金額、物件の担保評価などで総合的に評価されます。

 

『健康状態』
住宅ローンを借りる時には団信に加入することが条件になっていて、団信に加入するには生命保険に加入できる健康状態であることが必要になります。

住宅ローン 営業求人の探し方

世の中にはたくさんの仕事がありますが住宅ローンに携わる仕事もあり、住宅ローン営業の仕事はお客様へ融資を行うためにローンの手続きを行ったり、資金調達や商品開発などの営業活動を行います。
仕事内容は勤務する会社によって異なりますが、住宅ローン営業の仕事もとってもやりがいのある仕事です。
現在、住宅ローン営業をしている人も、この仕事に興味のある人は転職してみるのもいいと思います。
同じ会社で長年働くこともいいことですが、新しい会社で挑戦することも必要な場合があります。

 

転職するために求人を探す場合にはハローワークで探すのが一般的ですが、ハローワーク以外にも転職サイトなどで求人を探すことができます。
近年ではパソコンやスマートフォンを持っている人が多く、インターネット環境があれば転職サイトを見ることが可能です。

 

転職サイトサイトから求人企業に直接応募することができ、転職サイトなら多くの求人情報が掲載されていているので、自分の条件にあった求人を直接検索することができます。
またサイトによっては会員登録することでスカウト情報が入ってくるので、ハローワークを利用するよりも効率よく転職活動をすることができます。
転職サイトは無料で利用することができ、画像や動画など色々なコンテンツで会社の雰囲気を知ることができることなどがメリットです。

 

ハローワーク、転職サイトの他で求人を探す場合には、自分が希望する会社のホームページを見ると求人情報が掲載されていることもあるのでチェックしておくといいでしょう。

怖い営業トーク ”確実に通る住宅ローンあります ”

マイホーム購入を検討してる人は住宅展示場に行くと思いますが、そこには必ず営業マンがいて自分の会社の家のセールスを始めます。
営業マンはそれが仕事なので展示場に行った場合にはいろいろ説明を聞かされると思いますが、人生をかけた大きな買い物になるので営業マンのセールストークに惑わされないで慎重にマイホイーム購入をしたいものです。

 

住宅営業のセールストークによってトホホな結果になってしまうこともあり、営業マンの怖いと思うセールストークを紹介します。
多くの人が怖いと感じているのが『頭金なしで今なら買えます』というもので、頭金がないということはそれだけ返済の負担が大きくなります。
“頭金なし”という言葉でマイホーム購入に走りやすくなってしまいますがこれは要注意です。
次に怖いのが『提携している○○銀行があるので確実に審査に通ります』というもの。
確実に審査に通る住宅ローンなんてありません!
もしも確実に審査に通る住宅ローンがあるならそれはリスクの高いローン会社で組まされる可能性があるので要注意です。
もしそんな住宅ローンがあるなら具体的に根拠を述べてもらうことが必要です。
住宅ローンの金利が1%違うだけでも総支払金額は何百万と差がでてくるので、住宅ローンの審査が通るからといっても金利などをよく確認する必要があります。
他には『マイホームを購入すれば資産として残すことができる』『変動金利がオススメ』『他に○人、契約を検討している人がいます』といったセールストークが要注意です。